45平成20年4月1日発足(世帯数 94) 隣保数 10    2018年1月1日現在
住みよい地域を目指して笠無自治会

私たちの住むこの地域は平成20年4月新しく笠無自治会を発足させ22世帯でスタートし8年目の現在94世帯まで増えてまいりました
トップページ お知らせ 笠無自治会だより かわつの福祉  サークル活動 かわつ故郷かるた 防災組織 生活環境  笠無子ども会 夏のイベント特集 リンク集
    笠無自治会だより      笠無自治会ラジオ体操        地域で守ろう通学路。笠無自治会
      学習発表会                      防災研修会に参加して

嵩山頂上より



笠無自治会は    平成30年4月1日

安全・安心の住み良い町づくりを実現するため自治会は活動しています



第23回 川津福祉の集い福祉で川津のまちづくり   イベントホール
                                  平成28年11月23日水曜日祝日
講演会  他人を慮る心 ふるまい向上運動への思い
講師 財団法人
 ふるさと島根定住財団 顧問 藤原義光 氏

川津地区、広域避難計画(原子力災害発生時)避難先自治体避難先視察研修会に参加して
笠無自治会 副会長 防災担当 松 本 清 久

街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りをましてまいりました。減らないたばこのポイ捨て、ごみの投げ捨て、犬のフンの後始末。
人間は万物の命によって生かされている。命に感謝するとともに”MOTTAINAI を実践しよう。
平成28年度産業廃棄物理解促進バスツアーに参加リサイクルに取り組む企業見学
川津の緑と歴史のある街歩きに参加 偶然川津ふるさと案内板 完成 除幕式が行われとてもラッキーでした。

川虎の郷 川津ふるさとマップ案内板完成 除幕式  平成28年3月12日(土) 川津公民館前

 

この後、松江市市民憲章推進協議会、心豊かな町部会(まちづくり文化財課)
さっそく川津地区まち歩きAコースより 市民憲章歴史のまち歩き「川津 緑と歴史のまち歩きに参加しました
当日参加した、コースこちらよりお入りください。


市報松江3月号7ページの町自連だよりに川津地区自治連合会長の言葉が載っています。

笠無自治会の皆様3月13日は川津地区防災研修会です。「地域で守ろう」みんなの命参加してみましょう。



山陰中央新報新聞社より笠無自治会にラジオ体操の取材が入りました。
期日 8月4日 午前6時30分沢山の参加お待ちしています。


必要な情報はすべての世帯に(市報の全世帯配布とホームページの活用)

 
20年前未曾有の災害に人々は立ち向かうことになったのです。

天災は忘れた頃にやってくる。あの日を胸に私たちは生きる事になったのです。

20年前の平成7年1月17日午前5時46分淡路島北淡町野島断層を震源とするマグニチュード7、3の兵庫県南部地震が発生したことは
よくご存知の通りです。この地震による災害は阪神淡路大震災と呼ばれ
あれからもう20年もうそんなになるのかと思います

また
2000年(平成12年)10月6日13時30分、鳥取県西部を震源とする地震が発生しました。
地震の規模はM7.3、震源の深さはごく浅い、左横ずれと推定される直下型地震であったようです。
この地震により鳥取県日野郡日野町根雨及び境港市東本町などで震度6強の揺れを記録しました。
震源地が山間部であり市街地の一部を除き人口密集地帯でなかったことなどから、
負傷者182人にを出すものの死者はゼロであったことは不幸中の幸いであったようです。
しかし、震度6強を記録した境港市での液状化現象、日野町、米子市などで住宅の倒壊、損壊などの被害が大きかった。
震源の深さが浅かったため1300回以上の余震が頻発し。阪神・淡路大震災(1995年)を教訓に1996年に改正された
気象庁震度階級による「震度6強」を改正以来初めて記録された地震でした。
当時私は現役で建築関係の仕事をしていましたので大手建築会社の要望で倒壊家屋の
復旧作業に松江から米子彦名干拓地の住宅復旧工事に40日間ボランテァ活動で松江から通いました。
今から考えると若かったこともあり本当によくやったなと思います。しかし被害を受けられた方のことを思うとなんでもありませんでした。
一昨年川津公民館より神戸の震災被害にあわれたところを見学に行きました。
見事に復旧していました。あの大きな地震の面影はほとんどありませんでした。
しかし被害を受けた方の心の傷を元に戻すことはできません。
この二つの大きな地震がいつまた私たちの住む松江に起こるかわかりません。
阪神淡路大震災。鳥取県西部地震。地震国日本私たちは身近なところから、
まず自主防災組織を作り助け合っていかなければなりません。

1月25日防災研修会が川津地区自治連合会主催で開催されました。
 


防災の日     自主防災組織・要援護者支援推進事業説明会 1月25日
 次のページへ
お問い合わせ・webサイト制作管理運営IT達者 笠無グループ ・メールアドレス kasanasi637@gmail.com
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
             
 川津の歴史
笠無 防犯灯設置 
ホーランエンヤ踊り
 自治会員加入数
川津地区防災訓練
 阪神淡路大震災見学
 広島平和記念館見学
  秋季クリーン松江
阿倍野防災センター見学 
  人権同和研修 
公民館文化祭 
 寿の集い式典 
サークル活動 
町民運動会 
 速報かわつ 
人と防災神戸見学 
 川津地区防災
川津防災研修会   
自主防災組織 
自主防災  
原子力災害 
 原子力説明会
笠無防災情報  
防災対策  
防災研修  
 第2回防災研修会参加
松江北道路  
 リサイクルステション
 学習発表会 
 青少協川津の子
ゴーヤ苗配布  
 水 郷 祭 
 松江城学習会  
 楽山ウオーキング
 歴 史 探 訪
川津料理教室  
 ラジオ体操 
定 期 清 掃
ふるさとまち歩き
だんだん夏踊り 
自治会の皆様へ 
国民健康保険
川津体協体育祭
記録的大雪
ホーランエンヤ 
 川津故郷太鼓
嵩山登山
 定 期 清 掃
笠無自治会新役員