安全対策 45・笠無自治会ホームページ  平成20年4月1日発足(世帯数 94) 隣保数 10   2017年4月1日現在
住みよい地域を目指して笠無自治会

家庭でできる地震防災対策私たちの住むこの地域は平成20年4月新しく笠無自治会を発足させ22世帯でスタートし8年目の現在94世帯まで増えてまいりました
トップページ お知らせ 笠無自治会だより かわつの福祉  サークル活動 かわつ故郷かるた 防災組織 生活環境  笠無子ども会 夏のイベント特集 リンク集


平成28年度川津公民館 第2回川津地区防災研修会・防災訓練に参加して

笠無自治会 防災担当員 松本清久,


平成29年3月25日(土)午前9時から12時まで、川津公民館において、川津地区川津地区自治連合会主催の標記防災訓練・防災研修絵画開催され、
各自治会の関係者等約30名が集まり、私も笠無自治会防災担当員として受講してきましたので、下記の通りその概要をお知らせします。


1  第1部 防災訓練 9:00~11,00 1階イベントホール・駐車場
講師・・・松江北消防署員 救急主査 大澤真司氏ほか3名
「災害時の応急処置及び消火器による火災訓練」について講義と実技が行われました。内容は省略しますが、気道遺物の除去方法等、日常生活でも
役立つ対処法を多く学ぶことができました。(写真1~3)

 
写真 1
 
写真 2

写真 3

2 第2部 防火研修会 11:00~12:00
講師は、松江市防災安全課 主任行政専門官 舟木宏氏で「川津地区防災体制の充実」と題し、本年3月11,12日に実施された川津小PTA
避難所宿泊体験を基に楽しく学ぶ防災について講演されました。また、当川津地区における自主防災組織は、大内谷、深町中央、阻子分、北山の4自治会で
結成率は4/45=8,9%と伸びておりません。
なお、要支援・要援護者支援組織についても、学園台元気クラブ、ひがし嵩見団地要援護者支援会議、阻子分見守隊の3組織であり、
結成率3.3%となっております。(写真4)



  第2部 防災研修会風景 写真 4

       3 添付資料 (当日配布分)
・ 10年たったら、とりカエル (パンフレット)
・ 住宅用火災報知器メンテナンスカード (コピー)
・ 「火災から命を守る」(小冊子)
* 「防災ガイドブック」(コピー冊子)


* については、1冊しか入手できなかったので、1~5組の方は松江市から配布されている「防災ハンドブック」及び「松江市ハザードマップ」
川津地区災害予測図」を参照願います。

次のページへ



2016年9月1日 防災の日   笠無自治会

・・・・・一緒に地域を守りませんか・27年度第2回防災研修会・3月13日・川津公民館・・・・

管内災害情報テレホンサービス災害情報案内(0852-24-9933)

笠無自治会の皆さまへこちら
大地震のような規模の災害の時は、交通網の寸断、通信手段の混乱同時多発の火災など、
すぐには消防や警察などの救援が得られない可能性があります。
そんな時逃げ惑うのではなく、被害の拡大を防ぎ、命を守るために活動することが重要です。
そしてその活動も1人一人がバラバラになるよりも組織として集約された力で協力するほうがはるかに有効です。
また組織的な備えの方が、災害発生時の対応の立ち上がりも素早く被害を食い止める力もますことになります。
日頃から近隣の人々の交流を深め、万一の災害に対してみんなで力を合わせる組織が必要です。
これは川津公民館で行われた訓練の様子です。 
撮影小早川正行

   
・・・・・一緒に地域を守りませんか・27年度第2回防災研修会・3月13日・川津公民館・・・・

top

【笠無自治会】
 ホームページURL --- http://kasanasi.jp/
■ メールアドレス--- kasanasi637@gmail.com

 笠無自治会 最終更新日:2017年2月